ディズニー客を狙う「ホテル大量開業」の全貌

新浦安、舞浜地区で計画が続々、ラブホも転換

東京ディズニーリゾートの好調を受けて、周辺ではホテルの新設や増設、改装がラッシュを迎えている。写真は「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」(2016年6月、風間仁一郎撮影)

新浦安駅(千葉県)から車で約10分。南国風の街路樹が並ぶ瀟洒(しょうしゃ)なマンション群を抜けると東京湾に面した区画に出る。この新浦安エリアが今、空前のホテル開業ラッシュに沸いている。

米ホテル運営会社ハイアットは12月1日、東京の不動産会社、相互物産と組み、新浦安に「ハイアット プレイス 東京ベイ」を開業すると発表した。客室数は365で、2019年の開業を予定する。

日本に新ブランド投入

「ハイアット プレイス 東京ベイ」の計画図。「プレイス」ブランドは、フルサービスと宿泊特化の中間のカテゴリーにあたり、日本発上陸となる(写真:ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ)

同社はこれまで日本でラグジュアリーブランドの「パークハイアット」、高級ブランドの「グランドハイアット」「ハイアットリージェンシー」などフルサービスのホテルを展開してきた。

今回はフルサービスホテルとビジネスホテルのような宿泊特化との中間にあたるセレクトサービスの新ブランド「ハイアットプレイス」で進出する。同ブランドは日本初登場だ。

ホテルには24時間営業の料飲施設やフィットネスを併設。豊富な朝食メニューを用意するほか、ホテルの付属施設として、鉄板焼きやすし屋も設ける。周辺の競合他社からは「新浦安で鉄板焼きとは」との驚きの声も。ハイアットで日本事業を統括する阿部博秀氏は「東京ディズニーリゾート(TDR)で過ごす人がターゲット。客室単価は2万円台後半を見込んでいる」と説明する。

今回、ハイアットが進出を決めたのは、今年6月に1棟目を、9月に2棟目をリニューアルオープンした「東京ディズニーセレブレーションホテル」と道路を挟んだ向かい側だ。

同ホテルは、東京ディズニーリゾート(TDR)を持つオリエンタルランドの傘下でホテル事業を統括するミリアルリゾートホテルズの子会社が運営している。

次ページ新浦安地区は開業ラッシュ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。