iPhone「カメラ機能」を使いこなす意外なコツ

iOS10.2で新機能も追加

iPhoneのカメラは設定を駆使すればもっと便利に使える(筆者撮影)

カメラはプライベートだけでなく、ビジネスで使うことも多い機能だ。資料に添付するための写真を撮ったり、メモ代わりにホワイトボードを撮っておいたりと、さまざまなシーンで活躍する。

シャッターボタンを押すだけ、と簡単に写真が撮れるiPhoneだが、実は意外と設定できることが多い。後で写真を見返して、「思ったより暗かった」「ピントが合っていない」といった失敗を避けるためには、iPhoneならではの撮影テクニックを身に付けておいたほうがいいだろう。動画として記録を残す際も、最適な設定を選べるようにしたい。

また、12月13日に「iOS 10.2」の配信が始まり、このバージョンでカメラの設定に変更が加わった。設定の変更点を押さえて、うまく使いこなせば、さらにカメラが便利になるはずだ。この設定も、自分の使い方に合わせてカスタマイズしたほうがいい。今回は、iPhoneのカメラに関する技を3つ紹介していこう。

1.長押しでAF/AEロック、上下で明るさ調整

この連載の一覧はこちら

フォーカス(焦点)を合わせたい場所をタップして、シャッターボタンを押すだけと思われがちなiPhoneのカメラだが、実はAF/AEロックや明るさ調整の機能がついている。基本的な操作ではあるが、初回起動時のヘルプなどが特にないため、知らないまま使っている人も多いだろう。

AF/AEロックは、オートフォーカスを合わせたい場所をロングタップ(長押し)するだけでいい。フォーカスと露出は、タップした場所の明るさを基準に、自動で調整される。何枚か写真を連続して撮ったり、自動でピントが合いにくいような被写体を撮ったりする際には、この機能を活用すると素早く操作できる。

次ページ写真の明るさを調整したいときは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。