カジノ法案参院内閣委で可決、14日成立へ

ギャンブル依存症対策の明示などを明記

 12月13日、与野党が対立してきたカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が自民党の法案修正後に参院内閣委で採決され、賛成多数で可決された。東京近郊のパチンコ屋で2014年撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 与野党が対立してきたカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が13日夜、自民党の法案修正後に参院内閣委で採決され、賛成多数で可決された。

臨時国会(訂正)の会期最終日に当たる14日、同法案は参院本会議に上程され、可決・成立する見通しとなった。

参院内閣委は13日、同法案の審議を続けたが、委員長ポストを握る民進党が同日中の採決に反対。その後、自民、民進両党の国会対策委員長らが断続的に協議した。

その結果、自民党がギャンブル依存症対策の明示などを明記した修正案を提示。民進党は採決に応じ、難航が予想された同法案の処理は、14日の可決・成立へと急展開した。

*2段落目の「通常国会」を「臨時国会」に訂正しました。

(田巻一彦)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。