「能率協会」の母親向け手帳が売れている理由

手帳の売れ行きランキング上位を独占

家族の予定が1冊で管理できる「ママ向け手帳」が売れている(写真:編集部)

今、もっとも手帳を活用しているのが誰かご存じだろうか。実は、育児と仕事を兼業する“ワーママ”たちであるらしい。

「能率手帳」で知られる能率協会のママ向け手帳が、2012年の発売以来、4年間で226万冊を売り上げている。特徴は、家族のためのスケジュールページが設けられていること。また、家族の人数、用途などさまざまなニーズに対応できるよう、レイアウトやサイズのバリエーションを8種類用意していることだ。この「ママ向け手帳」とは、同社の女性向け手帳ブランド「PAGEM(ペイジェム)」のひとつで、「ファミリーマンスリー」というジャンルで売り出されている。

累計226万冊という数字は業界でも異例だという。どれぐらい売れれば「ヒット」であり「異例」と言えるのかは、門外漢にはわからないが、能率協会グループで手帳事業を担う日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)によれば、「社内の2015年11月の売り上げランキングでは、上位5位はママ向け手帳が独占しています。また大手取次が2016年9月から11月に採った月販集計でも、1000点以上ある出版社系手帳のうち、1位から3位をペイジェムが占めています」(日本能率協会マネジメントセンター NPB事業本部PAGEM企画部長 潮村麻里子氏)とのこと。

もっとも、潮村氏によれば、男性と女性では手帳の購入の仕方に差があり、「女性は気に入ればすぐ買うが、男性は決まったものを12月に買う人が多い」とのこと。12月の集計ではまた違う結果が出てくるかもしれない。しかし、同社の看板商品「NOLTY(旧能率手帳)」をもしのぐ勢いで売れているということは間違いない。

なぜ今、このママ向け手帳がそれほど売れているのだろうか。

配布用として作られた「能率手帳」

まず、日本能率協会と「能率手帳」の歴史から説明して行こう。日本能率協会は1942年に発足した、マネジメント(生産管理)の調査や研究、人材育成などを行う協会だ。中核事業である手帳事業、出版事業、通信教育などの人材育成支援事業は、1991年に設立されたJMAMが担っている。

日本で初めて時間目盛りを取り入れた「能率手帳」が誕生したのは1949年。もともとは会員企業への配布用に作られたが、予想以上に好評だったため、1958年に市販されるようになった。

次ページ「もらうもの」から「買うもの」へ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。