マツダ「ロードスターRF」は一体どんな車か

2リッターエンジンの余裕と独特なスタイル

 

日本が誇るピュアスポーツカー、マツダ ロードスターに画期的なモデルが追加された。伝統格納式トップを備えたロードスター RFだ。2016年12月22日の発売を前に試乗したところ、走る楽しさが詰まったモデルだった。

クーペのような美しいスタイリング

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

マツダ ロードスターはご存知のとおり小型スポーツカーで、ソフトトップの幌を備えた2人乗り。車重が1トンを切る軽量ゆえ現代では貴重になったライトウェイトスポーツと呼ばれてきた。そこに追加されたのがロードスター RF。トップの部分だけが電動でトランクに格納されるいわゆるタルガトップを持つ。特長はクーペのような美しいスタイリングだ。

ロードスター RFはリアクォーターピラーがなだらかにトランクへと向かって続くスタイルで「ファストバッククーペを意識した」(デザイン担当者)というだけあって、従来ロードスターに設けられていたハードトップモデルとは明らかに一線を画している。まるでディーノやランチア モンテカルロといったイタリアのファストバックスポーツカーのスピリットを現代によみがえらせたかのようだ。

次ページ2リッターエンジンを搭載
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?