ジョコビッチがベッカーとのコーチ契約解消

直近6カ月は成績がふるわず

 12月6日、男子テニスの世界ランク2位、ノバク・ジョコビッチ(左)は、ボリス・ベッカー氏(右)とのコーチ契約を双方合意で解消したことを自身のウェブサイトで明かした。1月撮影(2016年 ロイター/Jason Reed)

[6日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク2位、ノバク・ジョコビッチ(29、セルビア)は6日、ボリス・ベッカー氏とのコーチ契約を双方合意で解消したことを自身のウェブサイトで明かした。

ジョコビッチは2013年12月からベッカー氏の指導を受け、その期間に四大大会で6回優勝。しかし、直近6カ月は成績がふるわず、122週にわたって守ってきた世界1位の座もアンディ・マリー(英国)に奪われた。

ジョコビッチは「われわれがともに仕事を始めた時に設定した目標は完璧に達成された。彼の尽力、チームワーク、献身、深い関与には感謝したい」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。