DMM社長に34歳外部人材が選ばれた全事情

独占詳報!運命の出会いは2012年だった

2人の最初の出会いは2012年

――どこで出会ったのですか。

亀山:(チームラボ代表の)猪子寿之さんの紹介で、2012年に会いました。猪子さんが「日本で最後に残るネット企業はDMMとピクシブだ」と褒めちぎるので、そんなにすごい会社なら会ってみよう、と。チームラボで会うことにしたのですが、猪子さんが1時間遅刻してきて、いきなり片桐さんと2人で話す羽目になりました。

その時「面白い」と思ったのは彼が「会社にとって一番大事なのは社会への影響力であって利益ではない」と言ったことです。「売り上げがどんなに伸びても利益ゼロ」を目指している自分の考え方にすごく近い。利益を出すくらいなら新規事業に投資します。死ぬ時におカネを残したって面白くないじゃないですか。「ああ、同じ考え方だなあ」と思いました。

片桐:その時は「この人がDMMの会長かあ」と思ったくらいですが、後になって、ある経営者に「時代を象徴するような人と仕事することが人生において重要なんだ」と言われた。「自分にとっての時代を象徴するような経営者は亀山さんだな」と考えるようになり、「この人と働いてみたい」と思うようになりました。

まだ引退をするわけではない

――亀山さんは後継者問題をどう考えていたのですか。

亀山:いや、俺はまだ引退しないよ。DMM.アフリカとかアニメみたいなアナログな事業は俺が見る。ただ、インターネット分野に関しては、ここまで自分でやってきたけど、DMMがよりネットで成長するためにはどうしたらいいかを考え続けていた。その結果、俺が探していたのは自分の指示したことをやってくれる開発者ではなく、開発者の気持ちがわかる社長だと気付いた。だったら思い切って若い社長に任せてみようと思った。

――片桐さんはDMM.comの社長として、何がしたいのですか。

片桐:僕は釣りが好きなんです。実は今年だけでも、南米3回、アフリカにもイランにも行きました。そこで危ないとか暑いとか食べるものがないとかツライ経験をしながら、大きいとか珍しい魚をみんなで協力して釣りあげるんです。それが失敗したり、成功したりするんですけど、良い結果を出すために全力を出すのは当然で、そういうプロセスをいろんな人と共有するのが楽しい。

ネットビジネスでいうと、僕の34歳というのは決して若くないんです。ピクシブでも高校生のアルバイトが、ものすごくいい仕事をしていたりする。いろいろな経験や能力を持った人たちがどんどん集まって、協力して、今まで見たことがないような魚を釣り上げることができる場所を作っていきたいです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。