DMM会長がアフリカに100億円を投じる理由

欲しているのは、発想力ではなく実行力

DMM.comの亀山敬司会長はかつて謎の経営者と言われていたが、最近はメディア露出も増えている

「うちは5%、10%の出資はしない。しっかり一緒にやろうって感じだから。スポンサーをお願いしますといっても、がっつり食っちゃうかもよ(笑)」――。

10月14日(金)から3日間にわたり行われたスタートアップ体験イベント「Startup Weekend Tokyo Africa Sponsored by DMM.Africa」。その冒頭、あいさつに訪れた亀山敬司・DMM.com会長は、参加者から投げかけられるさまざまな質問に、冗談を交えながらも率直に答えていった。

アフリカへ5年で100億円の投資

「週末54時間で起業を目指す」。それが同イベントのコンセプトだ。参加者は54時間で、起業につながるアイデアのプレゼン、仲間集め、市場調査、ビジネスモデル検証、最終プレゼンなどを行い、専門家による審査を受ける。

Startup Weekendにとって、テーマをアフリカに絞った初めてのイベントだった

Startup Weekendは起業家支援のプラットフォーム。毎週世界中でイベントを主催している。今回はテーマを「アフリカ」に絞った初めての会で、イベントを全面支援したのは、昨年にアフリカ投資プロジェクトを発足させたDMM.com。DMMは、アダルト動画配信や通販、FX、英会話、オンラインゲームなど幅広い事業を手掛けるネット企業だ。

DMMはプロジェクト発足後、「5年間でアフリカへの投資100億円」を掲げ大々的に求人を開始。現地5カ国でのビジネスコンテスト実施に加え、今回のような国内のイベントサポートも通じ、幅広くビジネス拡大の可能性を探っている。

なぜいま、アフリカに目を付けているのか。そして、カネと時間を掛けるべき事業をどう見極めているのか。亀山会長を直撃した。

次ページなぜアフリカなのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。