ドル111円付近でモミ合い、下げ局面で底堅さ

投機筋の買いの勢いが和らいできたとの声も

 11月21日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の111.09/11円だった。7日撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 21日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の111.09/11円だった。朝方111円台に上昇した後、110円台に押されても半ばでは下げ渋り底堅く推移。ただ、上値追いも限定的にとどまった。

午後のドル/円は、111円を挟んだもみ合いが続いた。110円台に下落すれば押し目買いが支えになり「まだ相場が崩れる様子はない」(国内金融機関)というが、一方で「投機筋の買いの勢いが、足元では和らいできている印象」(別の国内金融機関)との声も出ていた。

112円に向かうには新規の材料が必要とみられているが、きょうは注目イベントに乏しく「目先は111円付近でウロウロすることになるのではないか」(邦銀)との見方が聞かれた。

海外時間にかけてのドル/円は「このところ欧州時間に上値が重く、その後のニューヨーク市場で盛り返すパターンがみられる」(別の邦銀)との指摘もある。「下落しても110円後半にとどまっており、期待先行の『トランプ相場』は継続する可能性が高い。ドルの先高観から112円トライが焦点になりそうだ」(外資系証券)との声も出ていた。

きょうはフィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副議長の講演が行われる予定。米国の12月利上げがほぼ織り込まれている中、今後の利上げペースに関して言及があるか注目される。

ドル/円は早朝の取引で5カ月半ぶりに111円台まで上昇し、しばらく高値圏でもみ合っていたが、その後じり安となり、110.61円付近まで下押しされた。輸出企業のドル売りがコンスタントに観測されたという。

ただ、同水準で下げ渋ると、正午にかけて111円付近まで切り返した。輸入企業のフローは見られず、短期筋主導のドル買いが押し上げたという。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 111.09/11 1.0599/03 117.75/79

午前9時現在 110.94/96 1.0580/84 117.38/42

NY午後5時 110.85/87 1.0591/95 117.34/38

 

(為替マーケットチーム)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。