ゲームが過去40年で遂げた驚くべき進化

もはや現実よりも現実っぽい!

パソコンやゲーム機の性能の向上は目覚ましいものがあります。その性能向上の度合いを最も分かりやすく体感できるのがゲーム。特にF1レースゲームの進化はすごいです。

最新のF1ゲームのグラフィックスは、もう本物のF1と見まごうようなリアリティあふれるもの。昔の初代ファミコンの頃のF1ゲームを知っている世代からすれば、驚愕の出来栄えです。

ぼへちゃんも最新のF1ゲームにびっくり。夢中で遊んでいます。それを見かけただんな君とくのりん。2人ともこのリアルさに興味津々です。が、そこはさすがITエンジニア。興味の方向が技術寄りです。

「このポリゴンの処理速度ハンパないよなぁ」「クルマの挙動もすごいよね。力学計算とかちゃんとやってるんでしょ?これ」「サーキットの本物そっくりだもんね。コースの傾斜とかも再現されている」「昔じゃ考えられないよね」

何やら聞いたことない単語で技術トークに盛り上がり始めた後ろの2人。

後ろでこんな話をされていては、ぼへちゃん、ゆっくり遊んでいられませんね。その辺の話はほかの場所でやってください!

とはいえ、F-1ゲームの進化は本当にすごい・・・。過去から現在までのゲームの進化をまとめたこの動画を見れば一目瞭然です。

Evolution of Formula 1 racing games 1976-2015

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。