フェラーリ、2025年に年間販売1万台超えも

CEOが戦略転換を示唆

 11月7日、イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリのマルキオーネ最高経営責任者(CEO)は7日、2025年までに年間販売台数が1万台を超える可能性があると述べ、戦略転換を示唆した。写真は同社のロゴ。パリで9月撮影(2016年 ロイターJacky Naegelen)

[ミラノ 7日 ロイター] - イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリ<RACE.MI><RACE.N>のマルキオーネ最高経営責任者(CEO)は7日、2025年までに年間販売台数が1万台を超える可能性があると述べ、戦略転換を示唆した。

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>から年初にスピンオフ(分離・独立)したフェラーリは、親会社の後ろ盾なく利益拡大が可能なことを示すよう求められている。

マルキオーネ氏はこれまで、自動車以外の製品にもブランドを拡大する方針を示していたが、7日の決算発表後に行われたアナリスト向け会議では、まず自動車に注力すると強調した。

同社は16年の出荷台数目標を約8000台とし、その後徐々に増やし19年までに9000台としているが、それ以上の目標は示していない。これはブランド価値を維持するのが狙いでもあるが、年間販売台数が1万台未満であることを条件に特定の燃費・排ガス規制の適用が免除されるためだ。

しかし、マルキオーネ氏は19年以降に販売するモデルにはすべてハイブリッドの要素が含まれるとし、この上限を超えて販売する道が開かれる可能性があると指摘。

「(年間販売台数は)2025年に1万台を大きく上回る可能性がある」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。