VW「パサート」に移植されたゴルフGTIのDNA

新たに加わった2Lモデルの実力を試す

 

VWパサートに2リッター版が登場

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

大人のためのフォルクスワーゲン。それがパサートだ。大きな荷室でゴルフやマリンスポーツ好きに愛用されている。そこに2リッター版が加わった。これがなかなかヨイのだ。

フォルクスワーゲン(VW)のフラッグシップといえるのがパサート。全長4.8メートルの余裕あるサイズのボディを持ち、車型もセダンとステーションワゴン(VWではバリアントと呼ぶ)と用途に応じて選べるようになっている。セダンはエレガントさを感じさせるスタイルでフォーマル度が高いいっぽう、バリアントは長いルーフを持ち荷室容量はたっぷり。多くの用途に使える多目的性も魅力だ。

日本ではこれまで1.4リッターエンジン搭載のパサートTSI(329万円〜)として展開されていた。自動車世界では「ダウンサイジング」といってボディサイズは大きくても燃費効率のよい小さな排気量のエンジンを組み合わせるのがトレンドである。2015年9月に日本に導入されたパサートも、いち早くその傾向を採用したVWの肝煎りの車種だ。

次ページパサート2.0 TSI R-Lineの特徴とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。