ファナックも前のめり、産業ロボット大増産

世界中で需要沸騰、出荷台数は過去最多に

自動車をはじめとして産業用ロボットの用途は幅広く、あらゆる工場で引っ張りだこだ(撮影:今井康一)

「ロボットの受注は世界的にたいへん好調。どの地域でも需要が旺盛だ」

産業用ロボット大手、ファナックの稲葉善治会長は大きな手応えを感じている。工場の自動化に欠かせない産業用ロボットは今、米国や中国を中心に自動車工場での需要が多い。それ以外のあらゆる業界でも人件費の高騰や人手不足の解決策として、今後活用の場が広がるとみられる。

ファナックは国内で新工場建設へ

日本ロボット工業会によれば、2016年7〜9月の出荷は3万7680台と13四半期連続で前年同期を上回り、四半期で過去最多となった。国際ロボット連盟は、世界のロボット出荷を今後4年で6割増加すると予測する。

ファナックは現在毎月5000台のロボットを生産しているが、最近は月によって受注が生産能力を超えることもあり工場は超繁忙だ。

そこで10月に増産計画を発表。小型工作機械を生産する筑波工場の一部を、2017年4月までにロボット生産用に転換する。生産能力は2割増え、月産6000台となる。さらに筑波工場の隣接地を約55億円で取得、需要に合わせてロボット工場の建設を進める。

次ページ欧州でもチャンスが増えてきた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。