シャープ黒字浮上、今期営業益は275億円に 

ホンハイとのシナジー効果が寄与

 11月1日、シャープは、未公表だった2017年3月期の連結業績予想を公表した。営業損益は257億円の黒字予想。写真は10月千葉市幕張メッセで開催された電子部品・デバイスを中心とした展示会「シーテックジャパン2016」で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - シャープ<6753.T>は1日、未公表だった2017年3月期の連結業績予想を公表した。営業損益は257億円の黒字予想とした。前年度は1619億円の赤字。今年8月に同社を買収した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>グループとの相乗効果などが寄与するとしている。

通期営業黒字なら3年ぶりとなる。

鴻海効果を強調

液晶ディスプレーの販売減などで通期売上高は前年比18.8%減の2兆円の見込み。減収だが、継続的な構造改革の取り組みも寄与する。純損益は418億円の赤字(前年実績は2559億円の赤字)と予想している。

16年4─9月期連結業績は売上高が前年同期比28.1%減の9196億円、営業損益が7900万円の黒字(前年同期は251億円の赤字)、純損益が454億円の赤字(同836億円の赤字)だった。

上期でほぼ収支トントンだった営業損益は下期で256億円の黒字を見込む。コスト削減や製品構成の改善で385億円、このうち鴻海との相乗効果を99億円と見込む。

鴻海から派遣され8月に社長に就任した戴正呉氏が都内で記者会見を行った。戴社長は「鴻海は世界一のEMS(電子機器受託製造サービス)。調達や部材のボリュームが大きく物流コストが低い」と強調。白物家電やテレビで上期に20億円の削減効果を生み、今後は液晶ディスプレーや太陽光パネル事業にも同様の効果を波及させると説明した。

来年4月をめどに中期経営改革を発表する意向も示した。

次ページ有機EL、投資慎重に考える
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。