「元シャープ社員」が支えた日本電産の好決算

会議縮小で効率化、2020年残業ゼロ目指す

永守重信会長兼社長は経営改革の成果に自信を見せた(撮影:今井康一)

「過去から持続的に進めてきた経営改革が、やっと数字に表われてきた」

日本電産の永守重信会長兼社長は確かな手応えを感じていた。10月24日に発表した同社の2016年度上期(4~9月期)決算は、売上高こそ前年同期比4%減の5640億円となったが、営業利益は同15.8%増の690億円で着地した。円高による107億円の減益要因を跳ね返し、過去最高の利益をたたき出した。

通期でも売上高は1兆2000億円と1.8%増にとどまる一方、営業利益は14.7%増の1350億円と過去最高を見込んでいる。

「2020年残業時間ゼロ」を目指す

日本からの輸出が多い電子部品業界にとって、昨今の円高は逆風だ。「外部環境が良いとはいえない。これから発表される各社の決算を見ればわかるが、全部減収減益だろう。何もしなければそうなる」と話す永守会長は、自ら断行してきた経営改革への自負を示した。

かねてより進めてきた「働き方改革」では会議時間の縮小などを積み重ねることで残業時間を短縮し、販売管理費の大幅な縮小につなげた。2020年までに残業時間ゼロを目指すという。

2013年には買収した海外子会社の経営陣を交代させ、「日本電産のモーターはすべて営業利益率15%を達成できる」という永守流の経営哲学を理解する人員を配置し、採算性向上を徹底した。

そして今回の決算説明の場で永守会長が特に強調したのが「シャープ出身者」の活躍だった。

次ページあの元幹部も要職に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。