個性を認められたくば、発信方法は右に倣え

経済学、そして経済学者に「国境」はあるのか?

京都は四条河原町の雑踏から

著者撮影:学者としては当然ですが、学会には積極的に参加します

皆さん、1カ月ぶりの連載第2回目です。実は連載第1回がアップロードされた頃、私は、京都で行われた、とある学会に出席するために、日本に一時帰国しておりました。

学会会場の京都大学から懇親会会場に移動する際、繁華街である四条河原町を通りましたが、寒くもなく暑くもないという絶好の散歩日和で、雑踏の中、ふと心は1000年前にタイムスリップ。当時の人々が市に集う架空の賑わいに身を投じてみたのです。

(人は、そういう創られた「架空」の投影を「追憶」し、リアルに実在した「歴史」と思い込んでしまうものかもしれませんが)

今、これを書いている傍らにある倉本一宏『藤原道長の日常生活』(講談社現代新書、2013年)の巻末年表で調べてみると、1013年は、3年前に崩じた一条天皇を継いだ三条天皇の御代。

時の権力者・藤原道長は48歳。前年に入内させた自分の次女である妍子(けんし)中宮が、禎子(ていし)内親王を生んだ年です。

言うまでもありませんが、親王の誕生を望んでいた道長はこれを喜びません。倉本一宏『藤原道長の権力と欲望』(文春新書、2013年)によれば、むしろ、怒りを隠さなかったとのこと。

一条天皇の父、円融天皇の同母兄であった冷泉天皇を父に持つ、つまり一条天皇とは従兄弟同士である三条天皇が、一条天皇にべったりだった道長と、うまくいっていなかったことはよく知られています。

次ページとにかく、摂政になりたい
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。