真理は発見されるのか、発明されるのか?

私の心の中の澱、20年問い続けてきたこと

連載にあたって、ご挨拶

私は、経済学の教育と研究に従事しています。

しかしこの連載では、経済学に直接に関係している事柄というよりもむしろ、経済学の勉強の過程において考えてきたこと、あるいは現在進行形で考えていることについて、述べていきたいと思います。この連載が「練習曲(エチュード)」である所以です。

著者撮影:2013年5月現在、カナダの桜も満開に

また、現在、研究のためにカナダのトロント市に滞在しています。そこで、社会科学徒として当地で感じること、考えたことなどを反映する内容ともなる予定です。

私がこの地に到着したのは、3月下旬。日本では桜が咲き始める頃、日中でもマイナス5度で、時折粉雪が舞う天気でした。しかし、それも数日。空は澄み渡り、気温は上がりました。と言っても、日中でもゼロ度でしたが(笑)。そんな到着から最初の週末、近くのオンタリオ湖に散歩に行って一首。

「親子鴨 
   湖畔に遊ぶオンタリオ
    春の日近き空も青なり」

あの数匹は、親子ではなかった「かも」知れませんし、やはり親子だった「かも」知れません。

そんなカナダも5月になって、ようやく春(というより夏)到来。桜並木にデジカメを持ってうろうろしていたのは私だけではありません。

次ページ天動説と地動説、「真理」と言われるのはどちらか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。