サムスンが惚れた、有機ELベンチャーの正体

異例!ライバルLG、JDIもこぞって出資

キューラックスはサムスンの熱い期待を受けている(写真:Samsung newsroom)

スマートフォンやテレビ、リチウムイオン電池で世界首位の座に登り詰め、電機業界で圧倒的な存在感を誇る韓国サムスングループ。そんな巨大企業を相手に一歩も譲らず、要求をつっぱねた日本企業がある。九州大学に拠点を置く有機EL材料ベンチャー・Kyulux(キューラックス)だ。

同社は2015年3月に設立されたばかりだが、今年4月にはサムスンディスプレイ、LGディスプレイ、ジャパンディスプレイといった名だたるディスプレイメーカーから総額15億円の出資を取り付けた。

宿敵同士であるサムスンとLGが同じ会社に出資するのは異例中の異例だ。世界の大手が“呉越同舟”するほど期待を寄せている理由は何なのか。

山あいで進む、最先端の技術研究

博多駅からバスで1時間、周囲にはおよそ山と学生マンションしかない九州大学伊都キャンパスの一角で、キューラックスは有機ELディスプレイの主要部材となる発光材料の研究を行っている。

有機ELは液晶ディスプレイに比べ薄型で省電力、曲げ加工が可能である点で強みがあり、次世代のディスプレイとして注目が集まっている。早ければ2017年にも米アップルが新型iPhoneに搭載するという観測も広がっており、今後拡大が見込まれる有望市場だ。

ただ、生産技術が複雑なため、これまで量産化に成功しているのはサムスンとLGのみ。サムスンは自社スマホ「Galaxy」向け、LGは自社テレビ向けを中心に生産している。

次ページサムスンと交渉の結果は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。