トヨタが“女性目線”のカー用品を売る狙い

「フランフラン」「ベルメゾン」などと連携して商品開発

おしゃれなインテリア用品「Francfranc(フランフラン)」、便利グッズの開発を得意とする「BELLE MAISON(ベル・メゾン)」、ドイツの老舗ペット用品「HUNTER(ハンター)」――。いずれも女性に人気の高いグッズを展開するブランドだ。ここに、トヨタ自動車が目を付けた。

トヨタは5月31日、「Francfranc」「BELLE MAISON」などと組んで設計したシートカバーやハンドルカバー、各種小物類などのカー用品の販売に乗り出すと発表した。いずれも“女性目線”の商品で、ユーザーの裾野を広げる狙いである。

今回の商品(=右写真は一例=)はトヨタの純正品でもなく、一般的なカー用品店やホームセンターなどで売られている市販品でもないという位置づけだ。価格についても、純正品と市販品の中間程度という。

「純正品は新車購入と同時に装着される重要な事業だが、ご購入後に乗っていただいているお客様にもっとエンジョイしてもらえる商品も開発しようと考えた」と、トヨタの佐藤康彦常務は言う。純正品や市販品を見渡したところ、「男性の視点で開発した商品が多かった」(佐藤氏)が、女性の視点で商品を作れないかという発想で、社内各部署の女性社員から意見を募った。

女性は車内空間を自分の家のようにとらえる

「女性は自分のクルマのどこを自慢するのか?」。

アンケートで質問してみると、「いちばん多い回答は広さ。次いでシートカバー、小物類という順序」(木村俊一バリューチェーン事業部長)。つまり、女性はクルマの居住空間を自分の家のようにとらえている、というのが木村氏の見立てだ。既存のカー用品に満足できず、雑貨ショップで商品購入して車内を飾るという傾向もある。

次ページ行き着いた商品コンセプトは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。