任天堂が「ニンテンドースイッチ」を初公開

次世代機は据え置き型と携帯型の機能を兼備

 10月20日、任天堂は次世代ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を初公開した。写真はロゴ、2014年6月撮影(2016年 ロイター/Kevork Djansezian)

[20日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は20日、次世代ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を初公開した。2017年3月発売予定だが、価格は明らかにしていない。

任天堂にとっては2012年に投入した「Wii U」以来の新型機種で、家庭用据え置き型テレビゲーム機としても携帯ゲーム機としても使える点に特徴がある。

ゲーム業界では次第にスマートフォン(スマホ)向けの勢いが増し、任天堂も株主などからの要請を受けてスマホゲームへの参入を打ち出した。ただ同社は依然として据え置き型ゲームを事業の中心とみなしており、ニンテンドースイッチが成功するかどうかは重要な意味を持ちそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。