タイでプミポン国王の肖像画が大売れ

需要に追い付かず

 10月17日、タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画(写真)や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。14日撮影(2016年 ロイター/Edgar Su)

[バンコク 17日 ロイター] - タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。

国王の遺体が安置されている王宮近くの「肖像画通り」と呼ばれる一帯にある商店では、金色の額縁に入ったプミポン国王の肖像画が売られ、店の外には客が列をなしている。ある店主は「売り上げは70─80%増えている。需要に追い付かない。国王関連の商品なら何でも売れる」と話す。

政府スポークスマンは「国王の肖像画を撤去するような命令は出ていない。ただ、人々には、肖像画を適切に修正するよう指示している。例えば「国王万歳(Long live)」の文言はそぐわないので修正が必要だ」とロイターに述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。