タイでプミポン国王の肖像画が大売れ

需要に追い付かず

 10月17日、タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画(写真)や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。14日撮影(2016年 ロイター/Edgar Su)

[バンコク 17日 ロイター] - タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。

国王の遺体が安置されている王宮近くの「肖像画通り」と呼ばれる一帯にある商店では、金色の額縁に入ったプミポン国王の肖像画が売られ、店の外には客が列をなしている。ある店主は「売り上げは70─80%増えている。需要に追い付かない。国王関連の商品なら何でも売れる」と話す。

政府スポークスマンは「国王の肖像画を撤去するような命令は出ていない。ただ、人々には、肖像画を適切に修正するよう指示している。例えば「国王万歳(Long live)」の文言はそぐわないので修正が必要だ」とロイターに述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。