F1ドライバー養成の特別講座に挑戦してみた

プロサイクリストの別府史之氏が体験

 

プロサイクリストとして数多くの成功を収めた別府史之が、2輪から4輪へと1日限定でキャリアチェンジし、F1レーサー養成の特別トレーニングを実体験する。

McLaren MP4-30
23年を経てホンダがマクラーレンのエンジンサプライヤーとして復帰した最初のクルマがこれ。
FUMIYUKI BEPPU
別府史之
UCIワールドチームのトレック・セガフレードに所属。昨年10月にジャパンカップクリテリウムで優勝したほか、1月のアジア選手権大会では3位の成績に輝く。

F1とサイクリング、トレーニングはどっちがハード?

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

日本を代表するプロサイクリング選手、別府史之にとって過酷な条件下で自転車を走らせることはなんら特別なことではない。レース本番であれ、トレーニングであれ、容赦ない強風の真っ只中や、アップダウンの激しい山岳ルートを何時間も走るなんてよくあることだ。しかしそんな状況でも、楽しげにダンスするかのような軽快さで、1日数百キロの道を駆け抜ける。

次ページF1ドライバー養成プログラムを実体験
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。