プレステVRは「テレビ登場以来の映像革新だ」

13日発売イベントで盛田厚プレジデント

 10月13日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、仮想現実(VR)の世界を家庭で楽しめるゴーグル型端末「プレイステーション(PS)VR」を発売した。写真は千葉市で9月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 13日 ロイター] - ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は13日、仮想現実(VR)の世界を家庭で楽しめるゴーグル型端末「プレイステーション(PS)VR」を発売した。ヘッドセットをかぶると周囲360度に立体的な空間が出現、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような臨場感を味わえる。

家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」につないで遊ぶ。PS4は世界で4000万台以上の販売実績があり、VR市場の拡大に弾みがつきそうだ。

SIEジャパンアジアの盛田厚プレジデントは同日開催した発売イベントで「PSVRは家庭内の映像体験としては、テレビ登場以来のイノベーションだと思っている」と述べ、期待感を示した。

9月に開催された世界最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ」ではVRコーナーが新設されるなど、今年は「VR元年」と位置づけられている。VRはゲームだけでなく、音楽やスポーツ、教育などさまざまな分野での活用が期待されており、市場の広がりが見込まれている。

価格は4万4980円(税別)。

 

(志田義寧 山崎牧子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。