マツダの社長交代、新トップの課題

小飼専務が昇格へ

マツダは5月9日、小飼雅道・取締役専務執行役員(58、=タイトル下写真左=)が社長兼CEOに昇格する人事を発表した。山内孝・会長兼社長兼CEO(68、=同右=)は、代表権のある会長に留任、金井誠太・代表取締役副社長(63)は副会長に昇格する。

山内・現社長は、2008年、それまで親会社だった米フォードがリーマンショックに伴う経営危機でマツダを手放したことに伴って社長に就任。リーマンショックやその後の円高に苦しみながら、経営再建に努めてきた。前13年3月期に、社長就任以来、初めて最終黒字を達成、今14年3月期も大幅な増益の見込みと、経営再建に一定のメドが立ったとして社長交代を決めた。

小飼・新社長は生産畑出身

小飼次期社長は1977年にマツダに入社して以降、生産技術のエンジニアとして、一貫して生産畑を歩んできた人物。直近では、生産・購買部門のトップとして、山内社長が掲げてきた「1ドル70円台でも日本から輸出して利益が出る生産体質」づくりを担っていた。

小飼次期社長は、昨年より本格的に市場投入が始まった低コストの新プラットフォーム「スカイアクティブ」を基盤とした車種展開の拡大や、新興国を中心とする海外生産の強化、国際提携の推進など、これまでの山内路線を継承すると同時に、開発から販売までの距離を縮め、より顧客志向の高い商品作りを目指すと語った。

5期ぶりの黒字を果たし、今期も増益見通しとはいえ、マツダはまだ欠損金を抱え、今期も無配を予定する。まずは、早期の欠損金解消と復配が、次期社長に課せられた課題だ。

(撮影:風閒 仁一郎)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。