デンマークの「コンテナ住宅」が画期的なワケ

<動画>学生向けに設計された安価な家とは?

音声は英語です。音量にご注意ください

使われなくなったコンテナを利用し、低価格で環境にやさしい学生マンションにしようという試みがある。

コペンハーゲンは、世界でもっとも物価の高い都市のひとつ。この新しくできた「アーバン・リジャー学生住宅センター」には、あわせて12棟の建物があり、デンマーク首都の港に位置している。

この住宅センターを設計したビャルケ・インゲルス氏は次のように言う。「ここで使っているのはもう50回以上も世界中の海を旅してきたコンテナです。今はここでこうして、住宅の材料になりました。ここに住めばいつでもコペンハーゲンの港のきれいな水で泳げますし、共有のルーフバルコニーも、ソーラーパネルも、グリーンルーフもあります。それからもちろん、コンパクトですばらしい学生用住宅になっています」。

部屋は質素ではあるものの、しっかり内装がほどこされている。環境にやさしいという点がこの計画および建設の際の大きなポイントだった。アーバン・リガーのキム・ラウドルップCEOは次のように言う。「この建物はいくつかの点でとてもユニークです。水に浮いている点、100パーセントリサイクル素材でできている点、ハンファQセルズ社のソーラーパネルと、グルンドフォス社とダンフォス社の温水暖房システムを使っているので環境にやさしい点です。中でも、水に浮いていて、中古のコンテナを使っているところが特にユニークですね」。

家賃は1カ月650ユーロという低価格になる予定。アレクサンダー・ラウドルップさんはコペンハーゲン大学の学生。「ここに住めばとても健康な生活を送れますね。街中に住んでいるのとはちがって、水辺だし、空気もきれいなので。気が散るようなものや街の喧騒から離れて、自分の勉強に集中できると思います」(ラウドルップさん)。

10月末には最初の学生たちが入居する予定だ。同じ住宅センターの建設は、スウェーデンのヨーテボリでも計画されている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。