ノーベル物理学賞、米国大学の3教授に 

物質の状態を数学的に説明

 10月4日、スウェーデン王立科学アカデミーは、2016年のノーベル物理学賞を、物質で起きる特殊な状態を数学的に説明した米大学の研究者3人に授与すると発表した。写真は受賞者の一人、プリンストン大学のホールデン教授。ニュージャージー州プリンストンで撮影(2016年 ロイター/Dominick Reuter)

[ストックホルム/ロンドン 4日 ロイター] - スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2016年のノーベル物理学賞を、物質で起きる特殊な状態を数学的に説明した米大学の研究者3人に授与すると発表した。3人はワシントン大学のデービッド・サウレス名誉教授、プリンストン大学のダンカン・ホールデン教授、ブラウン大学のマイケル・コスタリッツ教授で、いずれも英国生まれ。

3人は数学の「トポロジー(位相幾何学)」という概念を利用して、超電導など物質に見られる特殊な物理現象がなぜ起きるのかを説明する理論的な基礎を築いた。

3人の研究は、新世代のエレクトロニクスや将来の量子コンピューターに役立つことが期待されている。

ホールデン教授はロイターのインタビューに応じ、「われわれはまだ、量子力学によって可能になる素晴らしいことを、すべて理解できてはいない」とし、「いまだかつて夢見たことさえないようなことを実現させ、あらゆる種類の新しいテクノロジーの役に立つ可能性がある」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。