NY州、トランプ財団に資金集めの停止を命令

届出義務違反の疑いで

 10月3日、米NY州司法長官はトランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が届け出義務に違反したとして、財団に対し同州での資金集めを即刻停止するよう命じた。トランプ氏。3日撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米ニューヨーク州のエリック・シュナイダーマン司法長官は3日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が届け出義務に違反したとして、財団に対し同州での資金集めを即刻停止するよう命じた。

司法長官の事務所がインターネット上に掲載した9月30日付書簡で明らかとなった。これに先立ち米紙ワシントン・ポストは、同財団が無届けで寄付を募っていたと報じていた。

書簡では「寄付依頼の即刻停止と当局への情報報告提出を行わない場合、NY州民への不正行為継続とみなす」とした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。