40歳推計年収ランキング<全上場企業編>

年収の高い30社、低い30社はここ

国内証券の雄、野村HDは2位にランクイン

関連記事:

最新「平均年収ランキング」トップ300

主要企業40歳年収ランキング<メーカー編>

主要企業40歳年収ランキング<ノンメーカー編>

40歳推計年収ランキング<最高益企業編>

全上場企業を40歳推計年収で高い順、低い順、それぞれランキングした。

労働生産性を「見える化」

1人当たり付加価値額を年収と比較し1人当たりの労働生産性を「見える化」。年収が低い企業の多くは付加価値額に占める年収の割合が高い。年収上位企業では1人当たりの労働生産性も高く、年収の占める割合は相対的に低い。

表にはないが、30社単純平均の勤続年数は上位14.0年、下位7.9年。給料の多寡が勤続年数に影響している可能性がある。

(注)全上場企業の40歳推計平均年収の高い企業と低い企業を選んだ。数字はすべて単独。◯純は純粋持ち株会社であることを示す。数字の記載がない企業、または単独会社の従業員数が50人に満たない企業はランキングから除外。★は今期もしくは来期で最高純益更新。★は今期、来期で連続最高純益更新(業績数字は東洋経済予想、3月14日時点)。付加価値額に占める年収は「平均年収÷1人当たり付加価値額」で算出(1人当たり付加価値額は下図参照)

次ページ上位30社は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。