学生結婚で3児の親に!ある理系夫婦の選択

東大出身カップルが愛情と敬意を注ぐもの

学生結婚で3人を産み、育ててきた東大出身カップルの物語です
「夫は外で働き、妻は家庭を守る」など今や昔。この連載では「産後クライシス離婚」から「イクメン幻想」まで、刻々と変化する現代の夫婦たちを、女性・夫婦問題に詳しいジャーナリストの治部れんげさんが追います。共働き、主婦家庭、主夫家庭など、それぞれの夫婦は今どうなっているのか?

この連載の一覧はこちら

東大生カップルが学生結婚を選んだワケ

学生結婚というと、どんなイメージを持つだろうか。しかも学部時代に1人、博士号取得までにさらに2人、合計3人の子どもを出産となると、夫婦のキャリアや生活が心配になってしまう人もいるかもしれない。ところが、そんな勝手なイメージをよそに、力強く自分たちの人生を歩む夫婦がいる。

2015年夏、ひとつの家族がフランスに飛び立った。夫婦と子ども3人の5人家族が渡仏したきっかけは妻の仕事だ。

生物学者の小寺千絵さんは2014年に東京大学で博士号を取得し、翌2015年の6月からリヨン高等師範学校で博士研究員として働いている。3人の子どもたちは現地の学校に通い、夫の三宅博行さんはパリで照明デザインの仕事についた。

学生結婚したのは13年前。東京大学の学生だった2人は 、共に理系で生物学を専攻、クラシックギターのサークルで知り合った。ある時、下北沢で食事をしていると、冗談交じりでこんな話が出た。

「学生結婚すると、学費が安くなるよね」

国立大学の大学院生は親の扶養を外れて経済的に自立しつつ、収入が一定金額を下回れば、学費が安くなる可能性がある。そういう制度の話をしていたら、三宅さんはその日のうちに渋谷区役所に行き、婚姻届をもらってきた。

「(小寺さんのことが)好きだったんですね」と尋ねると、黙ってうなずいた。結婚したのは、小寺さん22歳、三宅さん20歳の時だった。

次ページふたりで、とにかく前に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。