通信障害を連発、好調KDDIの死角

Eメール不具合の真相とは

KDDI(au)は4月25日、16日未明から19日にかけて発生したEメールのリアルタイム送受信システムの通信障害について都内で会見を開いた。

KDDIによると、16日未明からサービスが利用できなくなり、一度復旧するも、再び午前中から利用できない状況が続いた。その後も19日にかけてサービスを利用しづらい状況が続き、さらに、メールボックスに入っている連絡先情報(連絡先、カレンダーなど)が表示できない状況になったという。全国で最大288万人に影響が及び、約4万人から問い合わせがあった。

KDDIの嶋谷吉治・技術統括本部長

会見に登壇した技術統括本部長の嶋谷吉治氏は冒頭、「昨年末にも障害を起こしており、利用者の皆様に大変申し訳ない」と謝罪した。

今回の障害はリアルタイム送受信システムのバージョンアップ作業時に発生したものだ。作業中にユーザー認証サーバーで認証エラーが発生。その後エラーを解消し、作業を続行したが、システム上、2台あるうちの片方のサーバーが故障。もう片方も処理オーバーでダウンしてしまった。再起動後も高負荷状態となり、利用しづらい状況が続いたという。KDDIとしては、各種の点検や復旧手順の見直し、ストレージ増強など、順次対策を講じていくという。

次ページ通信障害、つい最近も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。