米国が超富裕層の相続税を65%に引き上げ?

ヒラリー・クリントン氏が提案

 9月22日、クリントン氏は、超富裕層の遺産相続税率を最大65%に引き上げることを提案した。写真はワシントンで17日撮影(2016年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 22日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏は22日、超富裕層の遺産相続税率を最大65%に引き上げることを提案した。

現行法では、(個人につき)540万ドル以上の価値を持つ遺産が課税対象となっている。

クリントン氏がウェブサイト上に掲載した提案によると、相続税率を現行の40%から45%に引き上げる。さらに、相続する資産の価値が(夫婦につき)10億ドル以上の場合には、税率を最大65%に引き上げるとし、従来の計画から引き上げたい考え。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。