iPhone7の製造コスト、実はかなり高かった

「6S」より36.89ドル高いと試算

9月20日、IHSマークイットの調査で、米アップルの新型スマートフォン「iPhone7」の製造コストが従来機の「6S」を上回っていることが分かった。ロサンゼルスで16日撮影(2016年 ロイター/LUCY NICHOLSON)

[20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」の製造コストが従来機の「6S」を上回っていることが分かった。IHSマークイットが実機を分解調査した試算を示した。容量の大きいバッテリーやストレージの搭載などでコストがかさんだもようだ。

IHSマークイットによると、基本的な製造コスト5ドルを含む、「7」の製造コストは224.80ドル。「6S」の製造コスト(IHSマークイット試算)よりも36.89ドル高い。

またIHSマークイットの分析によると、「7」の部品原価(BOM)は、ライバルで韓国のサムスン電子<005930.KS>と「ほぼ同等」の水準。ただ、アップルの方がマージンが高いという。

IHSマークイットでコスト分析を担当するアンドリュー・ラスウェイラー氏は「アップルのマージンは依然としてサムスンを上回っているが、部品原価は従来と比べて上がっている」との見方を示した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。