ソーシャルゲーム、開発会社の黄昏

「恋してキャバ嬢」で一世風靡の「KLab」が大苦戦

KLabの真田哲弥社長

2007年前後に勃興し、“日の出の勢い”で市場が拡大してきたソーシャルゲーム。プラットフォームの「モバゲー」(ディー・エヌ・エー=DeNA)と「グリー」(グリー)向けにゲームを提供する開発会社も相次いで株式上場を果たし、高株価を満喫してきた。

中でも注目されていた会社の一つが、KLab(クラブ)だ。元々は銀行などを顧客としたシステムの受託開発が主力だったが、09年12月に提供を開始したソーシャルゲーム「恋してキャバ嬢」が大ヒット。11年9月に東証マザーズへ上場し、12年5月には当時史上最短期間で東証一部への鞍替えを果たした。

だが、ソーシャルゲーム会社をめぐる状況は、変わりつつある。

新作ゲームの投入が大幅に遅延

KLabが4月12日に発表した第2四半期(12年9月~13年2月)決算は、売上高71億円(前期比6.8%減)、営業赤字8.8億円(前期は21億円の営業黒字)となった。従来の会社計画を下回り、通期業績の見通しを大幅に下方修正した(同社は今年度16カ月変則決算)。

修正された通期見通しは、売上高229億円、営業赤字11億円。従来比で売上高101億円、営業損益61億円の大幅な減額だ。前半の先行投資を後半で一気に刈り取るという従来計画には、もともと市場関係者の間で懐疑的な見方がされていたが、12日引け後の発表を受け、週明け15日のKLab株には失望売りが相次ぎ、株価はストップ安となった。翌16日の株価も、一時は年初来安値を更新した。

「非常に芳しくない決算となった」。決算発表同日に都内で開かれた説明会で、Klabの創業社長・真田哲弥氏は、沈痛な表情で口を開いた。半年前に「計画を上回る可能性も十分にある」と意気込んでいた期初の決算説明会とは打って変わって、声色はかなりトーンダウンしていた。

次ページ苦戦の要因は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。