お偉方への技術的説明、どこまでするべきか

エンジニアが役員会に呼ばれたら・・・

「週刊東洋経済」でも、IoT特集をやっていましたね。まさに今、注目の技術です。ぼへちゃんたちも、今話題のIoTを使った新しいプロジェクトを企画して提案したようです。

そうすると、「次の本部長会議でIoTとビックデータを連動させる例のプロジェクトの承認をとるから技術的なバックグラウンドを説明するようにお達しがあったんだけど……」というお話がきました。

さすがに今注目の技術を使うプロジェクトだけあって、経営陣からの視線は熱いようです。しかし、技術的な説明とは?どのようなことを説明をすればいいのかがわかりません。

そして臨んだ、本部長会議。まずは、今回のプロジェクトのシステムの構成と、データの流れや解析の方法など基本設計から説明を始めました。初歩的なことから説明をすれば、「そんな説明はいらないから早く本題を話すように」と怒られると思ったからです。

ところが、ちょっとその場の空気がおかしいようです。「何を説明しているのか、よくわからない」というオーラが漂っています。どうやら、お偉いさんは技術的なことを知りたかったわけではなく、よく耳にする流行り言葉が出てきたので、その言葉の意味について説明せよ、と言っただけのようです。

時すでに遅し。さて、ぼへちゃん、このまま説明を続けて大丈夫でしょうか。新しいプロジェクトは無事承認されるでしょうか。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。