セルジオ越後、「危機の日本代表」を一刀両断

ホームで負けたUAEにアウェーで勝てますか

9月1日、UAEに逆転負けした日本代表。不安を残す結果となった(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

――ロシア・ワールドカップのアジア最終予選が始まりました。日本代表はホームで戦ったUAEとの初戦を1−2で落とし、黒星スタートとなりました。

日本代表は今、かなり危機的な状況を迎えていると思います。UAE戦では浅野拓磨のゴールが認められないなど、不可解なジャッジがありましたが、敗れた要因をレフェリーのせいにしていると、重要な事実を見逃してしまいます。それは、UAEが“普通に”強かったという事実です。

UAEに日本はなめられたんです

――この試合でのシュート数は日本の22本に対してUAEは9本でしたが、決定機の数はほとんど変わりませんでしたし、日本がボールを奪いにいっても、巧みなパス回しでかわされ、奪い得ないシーンが多かったです。

日本代表は2015年1月のアジアカップ(オーストラリア大会)準々決勝でもUAEに敗れています。ただし、このときは、日本がほぼ一方的に攻め続けながら、固い守りをこじ開けられず、PK戦の末に敗れました。でも、今回は違った。UAEは引いて守ってきたわけではありません。真っ向からぶつかり合って日本が敗れたんです。

――中東のチームはこれまで内弁慶なところがあって、ホームでは勇敢に戦うのに、アウェー(日本のホーム)では腰の引けた試合をする傾向がありました。その中東のチームであるUAEが真っ向勝負を挑んできたことに驚きました。

UAEが真っ向勝負を挑んできたのは、アウェー(日本のホーム)でも勝機は十分あると思っていたからでしょう。つまり、日本はなめられたんです。そして、実際に敗れた。ホームで勝てない相手にアウェーで勝てると思いますか? これを、危機的な状況と言わずして、何と言えばいいのでしょうか。

次ページチームを分析してみれば
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。