波風たてない「英語での苦情」、言い方のコツ

覚えておきたい微妙なニュアンス

言い方によっては違う意味合いが込められてしまう場合も。トーンにはご注意を(写真: xiangtao / PIXTA)

ただでさえ緊張する、ビジネス上の英語を使ったやり取りの場面。相手の不手際やミスに遭遇したとき、上手に苦情を言うのはなかなか難しいと思いませんか。あまりに感じが悪いと、信頼関係にひびが入ってしまうかもしれませんし、逆に感じがよすぎると、苦情として伝わらず、相手になめられてしまうかもしれません。

今回はそんなときに使える、便利な苦情の表現を集めました。これを使って、問題の指摘や不快感の表明は、プロフェッショナルに、きっぱりと行なってみましょう。

初めは柔らかく問題を指摘

この連載の一覧はこちら

先日行ったセミナーに参加してくれたタロウさん。有名な衣料品メーカーに勤めているそうで、メールで英語を使うことが多いとのこと。セミナー終了後に「今日のセミナー内容とはまったく関係ないんですが、仕事で使う英語のことで質問してもいいですか」と筆者のところにやってきました。

なんでも、海外の取引先に送る苦情メールの下書きをチェックしてほしいようです。研修ではないので、細かく添削したり、あまり時間を割いたりはできないと伝えたのですが、「もう、本当にざっくりとで構わないので……」と涙目でお願いされてしまいました。とりあえず「他の質問者の方と先に話すので待っていてください」と伝え、皆さんが帰ったあとで「気になる部分だけをピックアップして、5分だけ」と時間を区切って見ることにしました。

次ページ相手のミスを指摘するときには
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。