中国共産党、天津市黄興国市長の腐敗を調査

重大な規律違反の疑い

9月10日、中国共産党の中央規律委員会は、天津市の黄興国市長(写真)が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。昨年4月撮影(2016年 ロイター/China Stringer Network)

[北京 10日 ロイター] - 中国共産党の中央規律委員会は10日、天津市の黄興国市長が「重大な規律違反」の疑いで調査を受けていると発表した。

黄興国氏は2008年に天津市の市長に就任。同市の党委員会代理書記でもある。

天津市では昨年8月、倉庫で大規模爆発が起こり、約170人の犠牲者が出た。事故のあった倉庫が住宅地近くに建てられたことから犠牲者の数が膨らんだとの批判が出ていた。

天津市では尹海林副市長も規律委員会の調査を受けていることが先月明らかになった。

天津市の新聞は10日、黄興国市長が地元の学校を訪問して教員らを称賛する様子を伝えたばかりだった。

習近平国家主席が政敵を一掃するために腐敗撲滅キャンペーンを利用しているとの指摘もある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。