近づく金融政策決定会合、再度の円安になるか

ディーラー歴20年の達人が読む為替

地中海に浮かぶキプロスは、人口約100万の小国ながら、ユーロ圏に属す。金融立国として、1人当たりのGDPも3万1435ドル(2011年)と、世界30位以内に入る。

今回の「キプロスショック」では、EUがキプロスに対する100億ユーロ(約1.2兆円)の支援のうち、条件として58億ユーロの調達を求めたことが騒ぎの発端だ。キプロスの銀行の預金社に対し、預金額の6.65%~9.9%分の預金課税を示した。

キプロスの小金融センターとしての命運は尽きた

キプロス議会は19日に預金課税案を否決、その後はロシアへの支援要請など事態は二転三転した。ようやく25日にキプロス大統領とEUとの会談で、10万ユーロ超の大口預金に多額の課税をすることなどを条件に、EUからの支援を取り付けることに成功した。

これまでは危機に陥った銀行は、国家による資本注入など税金により救済されてきた。それが今回は税金=納税者の資金ではなく、預金者の資金で救済されることになったわけだ。この納税者から預金者への「シフト」はなぜ起こったのだろうか。

次ページ狙われたキプロス
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。