節約だけでは、おカネは絶対に増やせない

貯金したいなら、すぐ実行すべき二つのこと

節約は決して悪いことではない。でもそれではおカネは貯まらない。ではどうしたらいいのか(写真:photoman/PIXTA)

世の中が不景気になってくると「節約」がブームになります。書店には節約のノウハウを記した“節約本”の類があふれますし、ファイナンシャルプランナーの人たちの中にも「節約」指南が得意な人たちもたくさんいます。

「家計の節約」と「会社の経費節減」が似ているワケ

実際に節約本などを見ると、“電気はこまめに消す”だの、“風呂の残り湯の利用法”だのといった、実に細かいことがたくさん書かれていて驚きます。サラリーマンだった私から見ると、これってどことなく何かと似ているような気がします。そう、景気が悪くなってきたときの会社の経費節減と全く同じです。

業績が悪くなってくると真っ先に削られるのが3Kと言われる「交通費」「交際費」「広告宣伝費」です。いずれも目に見えるものでとてもわかりやすいからです。「タクシーは使うな!」、「飲み会は禁止!」、「広告はなし!」、いずれもとてもわかりやすいものばかりです。

しかしながら、企業が本格的にコストを下げるための構造改革をしようと思うと、その方法はたった二つしかありません。一つは製造業の場合、「製造原価を下げること」、そしてもう一つは「業務プロセスの効率化」です。人員削減なども、こうした施策の結果として出てくる方法論の一つに過ぎません。

次ページなぜ、細かいところだけしか切れないのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。