「2代目社長」に批判が集まりがちな根本要因

タレントも経営者も陥る「甘え」とその脱却法

将来の道が約束されているからこそ、周りの目も厳しくなります(写真:Ushico / PIXTA)

ホテルの女性従業員に乱暴したとの疑いで、俳優、高畑裕太容疑者が逮捕された。高畑容疑者の母は、有名女優の高畑淳子氏。高畑容疑者は、いわゆる2世タレントであったため、本人に対しては、「七光りを自分の実力と勘違いした」「常識が備わっていない」などという批判が一部でなされている。

身内が社長になるメリット、デメリットとは

「2世だから」という批判がなされがちなのは、タレントばかりではない。私が身を置く、中小企業経営の世界でも、とかく創業者の子である「2代目」は批判にさらされがちだ。

2代目は多くの場合、能力もないのに早くから役職につき、一般社員より給与も高い。だから古参幹部から、やれ「苦労知らずのぼんぼん」だの「血がつながっているだけで社長になった」だのと、陰口をたたかれ、少しのミスでも批判されがちになる。

私は、社長なので親の立場にあるわけだが、中小企業の後継者問題がうまくいかない最大の原因は親子間の「甘えの構造」にあると考えている。社長が陥りがちな人への甘さとその対処法については、拙著『社長、あなたは人に甘すぎる!』でも詳しく述べているが、本稿では、後継者を甘やかさない、経営者の在り方に触れてみたい。

小さな会社の後継者はだいたい身内である。身内の良い面、悪い面は、次のように混在していると言っていい。

【メリット】
・社長をはじめ内外の関係者が心情的に受け入れやすい
・後継者を早期に決定し、教育等のための準備期間を確保できる
・金融機関が貸したおカネが保全されるから支援を受けやすい
【デメリット】
・経営能力と意欲があるとは限らない
・古参の社員とうまくいかないことがある
次ページ成功の秘訣は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。