安倍首相、「日ロの異常な事態に終止符打つ」

ロシア主催「東方経済フォーラム」で講演

 9月3日、安倍晋三首相(写真右)は3日、ロシア政府主催の「東方経済フォーラム」で講演し、日ロ関係について「今日に至るまで平和条約を締結していないのは異常な事態」と強調した。提供写真016年 ロイター/Sputnik/Kremlin/Alexei Druzhinin/via REUTERS)

[東京 3日 ロイター] - 安倍晋三首相は3日、ロシア政府主催の「東方経済フォーラム」で講演し、日ロ関係について「今日に至るまで平和条約を締結していないのは異常な事態」と強調した。その上で首相は「70年続いた異常な事態に終止符を打ち、日本とロシアの関係を前進させる」と述べ、北方領土問題を含む平和条約交渉に意欲を示した。

講演では、日ロ間の経済協力推進に向けたロシア極東地域での協業も提案。首相が今年5月に示した「8項目の協力案」の進ちょく状況を確認するため、年に1度、ロシアのプーチン大統領と協議する場を設けたいと呼びかけた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。