三井住友海上、中小企業の海外リスクに対応

海外PL保険を販売、低い保険料がウリ

三井住友海上火災保険は3月から、中小企業向けの海外PL保険(海外生産物賠償責任保険)の販売を開始した。

海外PL保険とは、日本企業が製造、販売(輸出)した製品が原因で、日本国外で消費者のケガや財物の損壊などの賠償事故が発生した場合に、損害賠償金や訴訟対応費用などを補償する仕組みである。

三井住友海上が新たに販売したのは、「全国中小企業団体中央会」(以下、中央会)または「都道府県中小企業団体中央会」の会員である団体や協同組合に加入している企業が対象で、「わかりやすい商品」「簡便な手続き」「低廉な保険料」を特徴としている。

「簡便な手続き」が特徴

従来の海外PL保険が主に大企業を対象としたオーダーメイド型であるのに対して、近年、急増している中小企業の海外展開に対応したのが今回の商品だ。

「わかりやすさ」では、対象となる商品の分類を40に簡素化(従来の約3分の1)したうえで、地域区分を「北米を含む」と「北米を除く」の2パターンだけにした。また、「簡便な手続き」という点では、「過去の実績売上高」または「保険期間中の見込み売上高」のどちらかを申告すればいいこととした。

次ページ保険料を安くできる秘密とは?
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。