週明けの日本株は意外な上昇になる可能性

「イエレン講演」で現実味帯びる「12月利上げ」

週明けのマーケットはイエレン議長の講演を受けて意外な株高になる?(写真:YNS/PIXTA)

8月26日のニューヨーク為替市場は、ドルが主要通貨に対して全面高となり、ドル円相場は一時101円94銭まで買われる展開となった。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、26日に開催されたワイオミング州ジャクソンホールでの経済シンポジウムで講演し、「労働市場の改善などによって過去数カ月間で利上げ余地が拡大しつつある」との見方を示したことがドル高を誘発した。また、フィッシャーFRB副議長が、一部メディアとの会見で9月利上げの可能性を示唆したこともドル押し上げの要因となった。

市場の予測は「12月利上げ」に傾いた

市場からは、この発言を受けて「イエレンFRB議長の講演内容は全般的にはややタカ派寄り」との声が聞かれており、雇用やインフレ関連の経済指標が悪化しなければ、9月20-21日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で0.25ポイントの利上げが決定される可能性は十分あるとの見方が浮上している。

また、イエレンFRB議長の講演後、「FF金利先物」(Fed Watch)の数値は大きく変化した。利上げのタイミングを探る上で重要な指標であるFF金利先物の変化は、是非ともおさえておきたいポイントだ。今回はFF金利先物の水準から利上げのタイミングを探ってみたい。

東京時間27日午前9時時点でのFF金利先物では、9月FOMCで利上げする可能性は、イエレンFRB議長の講演前後で、21.0%から36.0%に上昇した。また、12月13-14日のFOMCでも、51.7%から63.7%(0.25%以上の利上げ予想の合算)と上昇している。市場では、「9月の利上げはほぼなく、可能性があるのは12月」から「9月の利上げの可能性はあるが、本命は12月」との見方に変化しつつあるようだ。

次ページFRBは本当に年内利上げに踏み切るのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。