米国に「9月の利上げ」を遅らせる理由はない

イエレン議長講演は強引に解釈されるだろう

いよいよ明日26日、イエレンFRB議長の講演を市場関係者は手ぐすね引いて待っている(写真:ロイター/アフロ)

世界的に株価は上昇を続けている。日本株は日銀ETF買い、およびそれをはやしてのものだから別物だとしても、米国の株価は強い。ただ、問題はFED(米国連邦準備制度)が利上げするかどうかだ。

26日、イエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長が、ジャクソンホールで行われる世界の中央銀行関係者が集まる年の1度の会合で講演を行う。そのタイトルは「FEDの金融政策ツール(Federal Reserve’s Monetary Policy Tool Kit)」とのことで、利上げがいつかといった具体的で短期の話ではなく、セントラルバンカーという仲間に向けた長期的で根本的な話になるだろう。しかし、この講演を投資家たちは手ぐすね引いて待っている。強引にさまざまな解釈をして、市場を動かそうとするだろう。問題は、市場がどう動くかだ。

二つのポイントがある。第一は、イエレンは投資家たちが思っているよりも、利上げに積極的であろう。それが行間ににじみ出る、あるいはにじませる可能性が高い。そうなると、すわ9月利上げか、となって市場が大きく動くかというと、そうでもないだろう。なぜなら、投資家たちは9月の利上げでは困るからだ。

都合の良い解釈をすることが可能

この連載の記事はこちら

現在、債券市場は9月利上げをほとんど織り込んでいない。年内利上げも五分五分以下で、あって12月、年内にない可能性も十分、といったところだ。だから、9月利上げ示唆、というニュースは困るのだ。市場は投資家たちの都合で動く。これがポイントの二つめだ。この定理が今回も当てはまることになるだろう。

彼らにとって不幸中の幸いは、イエレンの講演は高尚でアカデミックな側面から、直接的に利上げを示唆するものではないと見込まれるため、確信犯的に間違った解釈、すなわち、利上げを示唆しなかったから9月利上げはない、などと都合の良い解釈をすることが可能であることだ。しかし、その後に第二幕は始まる。

次ページ乱高下が始まる…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。