中国、火星探査機の画像を初めて公開

2020年の打ち上げ目指す

 8月24日、 中国は、2020年半ばごろの打ち上げを目指している火星探査機の画像を初公開した。国営の新華社が23日遅くに報じた。写真は人民日報提供(2016年 ロイター)

[北京 24日 ロイター] - 中国は、2020年半ばごろの打ち上げを目指している火星探査機の画像を初公開した。国営の新華社が23日遅くに報じた。

報道によると、この探査機は重さ200キログラム、6輪走行で4枚の太陽電池パネルから電力供給を受ける。約7カ月かけて火星に到着し、北半球に着陸。3カ月にわたって調査を行う予定。遠隔測定カメラと地中探知レーダーなど13種の観測機器を搭載するという。

中国は2003年に初の有人宇宙飛行を成功させるなど、宇宙開発に力を入れている。次回の有人宇宙飛行を10月に計画しているほか、2036年までの有人飛行船による月面着陸を目指している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。