ソフトバンクのスプリント買収は吉と出るか

携帯キャリア大手3社を比較してみよう

携帯電話キャリア3社の2012年度 第3四半期決算が出そろいました。前年同四半期と比較しますと、3社とも増収となりましたが、決算内容を詳しく見ていくと、それぞれ異なった状況であることがわかります。

特にソフトバンクは、今のところ業績は好調といえますが、米携帯電話会社スプリント・ネクステル(※以下、スプリント)の買収が経営にどう影響していくかによって、先行きが大きく左右されるでしょう。今回は、ソフトバンクを中心にキャリア3社の財務内容を分析していきます。

収益性次第では、スプリントが“お荷物”になる恐れも

まず、ソフトバンクの決算内容を分析していきます。会社の収益性を見ることができる「損益計算書」に注目してください(次ページ)。現状を把握するには、まず「売上高」を見るのがいちばんわかりやすいでしょう。

次ページソフトバンクの財務諸表を見てみよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。