B787大量投入が裏目に出たANA

JAL VS.ANA 財務面から見たライバル対決(下)

さて、JALに続き、今度は全日本空輸(以下ANA)の財務内容を分析してみましょう。まず、JALが破綻する前の、ANAの2009(平成21)年3月期 第3四半期の決算を見ていきます。

貸借対照表から導いた自己資本比率は18.2%、これは安全水域です。また、有利子負債も見てみますと、借入金や社債など合計で7746億円となります。

まず、売上げはどうだったのでしょうか。同年同四半期の損益計算書(下)を見ますと、「営業収入」は1兆1074億円でした。当時ANAはJALほど売上げはありませんでしたが、JALは赤字だったのに対し、ANAは「営業利益」が403億円の黒字を出していたのです。

ただ、問題はここからです。次ページにある、直近の2013(平成25)年3月期 第3四半期の財務内容に移りますが、自己資本比率は35.5%となりますから、2008(平成20)年12月31日時点より大きく改善していると言えます。

次ページリーマンショック直後までは堅調だった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。