シャープ、サムスン鞍替えの裏にiPhone5

「アップル専用工場」停止で賭けに

鞍替えの裏にはiPhone5向けパネル生産の不振があった(撮影:今井康一)

台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉中に、韓国・サムスン電子への第三者割当増資を発表したシャープ。その背景には、シャープの「アップル専用工場」での“生産停止”があった――。

アップル専用工場が“停止”へ

2月末、シャープの亀山第1工場で、「アイフォーン5」用液晶パネルの原材料投入が止まった。遠くない時期にパネル生産はいったん停止する。

亀山第1工場は、アップルが約1000億円を負担して生産設備を入れた「アップル専用工場」である。生産品目は、昨年9月に発売となったアイフォーン用パネルのみ。本来であれば、利益率の高いビジネスである。「かなりの痛手だ」。シャープ関係者は唇を噛んだ。

同じくアイフォーン5向けパネルを造っているジャパンディスプレイ、LG電子も影響を受けている(原材料投入を停止するかどうかは、在庫状況を含めた各企業の判断となる)。

2012年10~12月期、シャープは5四半期ぶりの営業黒字に沸いたばかり。アイフォーン5向けに昨年9月下旬~11月にかけて亀山第1工場がフル稼働し、液晶事業の赤字幅が縮小したことが原動力となった。

アイパッドの穴をサムスン向けで埋める

一方で、隣接する亀山第2工場のアイパッド用パネルの生産は、昨年12月に止まったままである。サムスンに加え、台湾勢なども勢いを増すタブレット端末市場で、アイパッドの存在感は急速に低下している。現在、アイパッド用パネルをほそぼそと生産するのは韓国LG電子のみである。

アイパッドの穴を埋めるべく、亀山第2工場で受注したのが、韓国サムスン電子の32型テレビ用パネルだ。亀山第2工場はサムスン向けを中心に、稼働率5割以上をなんとか保っている。ただ、これとて、「アイパッドの貢献を見込んでいた。テレビでは稼げない」(シャープ関係者)という。

次ページホンハイからの払込期限も接近
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。