「沖縄の貧困」を最底辺で支えるヤミ金の壮絶

那覇市内の"高齢売春特区"で起きていること

ヤミ金4社から10万円、合わせて40万円の負債があるという29歳のピンサロ嬢(著者撮影)
女性、特に単身女性と母子家庭の貧困が社会問題となっている。今回は、平均年収全国最下位、離職率全国1位の沖縄県で貧困に苦しむ女性に焦点を当てたルポの第4弾だ。
なお、このルポは「総論」を語るものではなく、あえて「1人の女性」にクローズアップしている。その語る内容から浮かび上がってくる真実があると信じているからだ。われわれは、現実に起きていることから目をそむけてはならない。

 

この連載の一覧はこちら。なお、本連載では貧困や生活苦でお悩みの方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください

沖縄の夜は遅く、ゆったりとしている。沖縄県那覇市の栄町と呼ばれる繁華街は夜9時過ぎから活気づく。住所は那覇市安里、ゆいレール安里駅の東側に妖光なネオンが広がる。

ヤミ金業で働く大城君(28歳、仮名)に呼ばれて栄町にきた。昭和にタイムスリップしたようなにぎにぎしい街に驚く。栄町中心部にある栄町市場には若者が集まり、隣接する栄町社交街は郷愁を誘う小さな旅館やスナックが密集し、旅館を掲げる店舗では平均年齢60歳ほどの高齢売春婦たちが客引きをする。

事実上の“高齢売春特区”

「おばさんたちは50~70歳くらい。栄町周辺は元赤線で旅館は全部がちょんの間(性的なサービスをする風俗店)です。値段はどこも同じで、本番を売って15分5000円。おばさんたちの収入は15分3000円。旅館で届出をしているので摘発されることはないんですよ」

大城君は、そう言う。栄町社交街はもともと「ひめゆり学徒隊」で知られる第一高等女学校の跡地で、戦後に赤線となった。1958年の売春防止法施行で赤線は廃止されたが、飲食店や旅館として届出することで営業を続ける。本番を提供するちょんの間は違法風俗だ。2000年以降、全国的に風当たりは強く、沖縄も例外ではなく宜野湾市の真栄原新町、コザ吉原は摘発で壊滅状態となった。

しかし、栄町社交街は、そのまま生き残る。栄町で売春する女性たちは総じて高齢で、加齢によってどこにも採用されなくなった女性たちの働く場所となっている。沖縄はほかの都道府県と異なり、警察は売春防止法違反や風営法違反を基本的に見逃している。おそらく膨大な貧困層が行き場を失うことが理由だ。栄町で売春する女性たちは、本当に中年を超えた初老の女性ばかり。事実上の“高齢売春特区”といえる。

次ページその日暮らしの高齢売春婦たち
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。