過酷な戦場を生き抜く「娼婦」の意外な実態

単なる「陰」の存在にとどまらない

世界中の紛争地や戦場に生きる、娼婦の実態を聞く(写真 :Kuzma / PIXTA)
男たちが生死の極限状態に追い込まれる戦場には、必ずといっていいほど娼婦の存在がある。世界中の紛争地や戦場に生きる、彼女たちの実態とは?『娼婦たちから見た戦場』を書いたフォトジャーナリスト、八木澤高明氏に聞いた。

 

──15年以上にわたり、世界中の娼婦を取材しています。

世間では彼女たちを陰の存在としてとらえ、暗くて大変そうなイメージを持ってしまう。一面では間違いないが、それだけではない。たとえばタイ・バンコクへ行くと堂々と働いていて、「いったい何者?」とさえ思ってしまう。彼女たちに悲壮感は漂っていないが、反面で今の生活から抜け出したいとも思っている。陰と陽の振り幅が、普通の生活を送る人より大きい。多くの葛藤やもどかしさを抱える生き様に引かれているのかもしれない。

身一つでたくましく生きている

──戦場の娼婦をテーマに選んだ理由とは。

戦争と娼婦は、切っても切れない関係にある。普通の日常を送っていても、戦争や内紛によって娼婦に身を落とす人が当然出てくる。戦後の日本もそうだったが、彼女たちの生きている場所が戦場そのもの。爆弾テロや攻撃の恐怖だけでなく、客とのトラブルで殺される人もいるし、病気の危険と隣り合わせ。身一つでたくましく生きている。

──イスラム教徒が大半を占めるイラクでは、住宅地のビルの中で娼婦たちが隠れるように共同生活をしていました。

取材した当時は、サダム・フセイン政権が崩壊した2004年ごろだった。離婚したり夫に先立たれたり、訳ありの女性たちにとって生きるすべは売春になる。壊れた社会の中で、一つのシステムにさえなっている。今はもっと国が混乱しているから、娼婦の数は増えているだろう。

次ページネパールの性同一性障害街娼「ヒジュラ」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。